どんな種類がある?カナダでビザを取得する方法

カナダ政府が発行しているビザ(査証)には「観光」「ワーキングホリデー」「就労」「学生」の4種類があります。ただし、日本人が観光目的で訪れる場合は、査証を事前取得する必要はなく、パスポートさえ持って入国していれば最大6ヶ月間はカナダ国内に滞在することが可能です。しかし、半年を超えて滞在する場合や、就労や留学など、滞在目的が一定の要件を満たしている場合は、就労、学生、ワーキングホリデーのうちのどれかのビザを取得しなければなりません。

日本に在住している日本人がカナダ国内の企業で働くために渡航する場合は、就労ビザの取得手続きを行う前にLMIA(外国人雇用許可)の申請を完了させておく必要があります。カナダ国内で国外の労働者が就労する場合は、現地の雇用主からのオファーがなければならないのが基本的だからです。雇用主が外国人労働者にオファーを出した場合は、ESDC(カナダ労働省)に自社の情報や労働者に出したオファーの内容が提供されます。ESDCでは提供された内容をもとに、オファーを出した労働者が国内で雇用させるのに適格かどうかの審査を行い、適格とみなした場合はポジティブLMIAと呼ばれる許可証を交付します。この許可証こそが、査証取得手続きにおける必要書類となっています。
LMIAの取得が終わったら、ポジティブLMIAに、パスポートや雇用主から交付された契約書類、就く予定の仕事をこなすのに適格であることを示すための書類、申請料の払い込みが済んだことを示す書類などを添付して、移民局に就労許可の申請を行います。審査を通過すると就労許可証が交付されるので、これを入国時に入国審査官に提示すれば、就労ビザが発行されます。